本文へスキップ

家族葬と火葬式を比較した際の大きな違い

住宅・マンション・土地のご相談はビルダー不動産へ

家族葬と火葬式を比較した際の大きな違い

人の人生の中で最後の儀式となるのがお葬式です。家族や故人と親しくしていた方などと最後のご挨拶を行う重要なイベントととらえている方もいるものです。しかし最近では徐々に考え方も変わってきています。またライフスタイルや費用の関係で、様々なニーズが求められるようになってきています。多くの葬儀社で用意されているプランとして、一般葬と家族葬、一日葬や火葬式などがあります。この中でも特に人気があるのが家族葬と火葬式です。どちらもメリットがあるため、実際にお葬式を行う際にどのプランを選択したらいいのか迷ってしまうものです。

家族葬と火葬式のどちらを選択したらいいのか、この点についてはどんな点を重視しているかで決めていくといいでしょう。そのために、まず両者の特徴をよく知っていく必要があります。まず家族葬ですが、従来からある一般葬に比べて参列者に制限を設けています。どんな方の参列を認めるのかは、お葬式を行う方が自由に決めることができます。またそれによってお葬式にかかる費用を抑えることができます。従来の一般葬では費用が掛かりすぎると悩む方には最適なプランです。また葬儀社によっても費用は異なっており、いろんな葬儀社に見積もりの依頼をすることで、よりリーズナブルにお葬式を行うことができます。

火葬式は火葬だけを行い、一般葬や家族葬で通常行う通夜や告別式といった儀式を省略します。そのため、お葬式にかかる費用や寺院への支払いなどをカットすることが可能です。トータルの費用はとてもリーズナブルで、家族葬と比較してみると大きな差が見られます。また火葬式は時間的な点でもメリットがあると感じる方がいます。葬儀社によっても異なりますが、中には1時間程度でお葬式が終わるプランもあります。忙しい方にとっては火葬式は魅力的に感じられるかもしれません。

火葬式では儀式を行うことがありません。それに対して家族葬では儀式を行います。それぞれのプランは大きな違いがあるため、費用だけではなく、儀式を行うかどうかも選択の際の重要なポイントとなります。そのため、時間をかけてゆっくりとプランの選択をすることが求められます。このサイトでは、お葬式のプランの中でも特に人気がある家族葬と火葬式の特徴を説明しています。またどちらのプランが合っているのか、この点についても触れています。人生の最後のイベントであるお葬式を行う前に、プランの選択のために役立たせてみましょう。

information新着情報

2018年09月19日
ホームページを更新しました。