家族葬と火葬式を比較した際の大きな違い

家族葬と火葬式の費用の違い

お葬式のスタイルの中でも要する日数の点で大きく異なっているのが家族葬と火葬式です。どちらも今のライフスタイルに合っているプランになっており、どちらも人気があるといえます。これらのプランは要する日数が異なっているだけではなく、かかる費用の点でも違いが見られます。お葬式を行う際には費用が最も気になる点ですが、それぞれのプランの費用の特徴をよく知った上で正しい選択をするようにしましょう。

一般葬と違って家族葬では参列者の人数を抑えることができます。そのため接待飲食費の項目を低く抑えることができます。参列者の人数を減らし、ごく親しい方だけでお葬式を行おうと思った場合はより費用を抑えることが可能となり、あらかじめ決めておいた費用に合わせやすい点が魅力となっています。しかしお葬式そのものにかかる費用、また寺院に関する費用はカットすることができません。そのため、一般葬よりもはるかに安くお葬式を行うことは難しくなります。

一般葬よりもはるかに低額でお葬式を行いたい場合には火葬式の選択もいいでしょう。火葬式では通夜から告別式、お葬式をカットするために非常に低額でお葬式を行うことができます。ただお葬式は行わないが、お経をあげてほしいと希望する方もいます。その場合には別に費用が発生してしまいます。ただ一般的な点では火葬式は家族葬よりもはるかに低い料金でお葬式ができるため、この点では魅力があります。

家族葬と火葬式では、費用の点だけ考えてみると火葬式の方がはるかにメリットが感じられることでしょう。しかし火葬式では儀式がすべてカットされるため、この点を理解できるかどうかも検討しなければなりません。