家族葬と火葬式を比較した際の大きな違い

家族葬と火葬式の日数の違い

大切な方が亡くなった際に、家族や親しくしていた方との最後のお別れを行うのがお葬式です。お葬式は多くの参列者が訪れ、通夜から告別式、お葬式までを行う一般葬が以前では一般的でした。しかしライフスタイルの変化や、核家族化などによってより小さなお葬式を希望する方も増えてきており、家族葬や火葬式といったプランを選択する方も増えてきています。これら2つのプランを人によっては選択し、最終的に1つに絞り込むケースも見られます。これらは行われる日数の点で大きな違いが見られます。

家族葬では一般葬と同様に、通夜から告別式、お葬式までをすべて行います。そのため、こういったことをすべてカットせずに行いたいという方にはぴったりなプランだといえます。火葬式は多くの葬儀社で設けられているプランですが、このプランでは通夜から告別式、お葬式といったものはすべて行いません。火葬式のみを行い、故人を見送る形式となっています。とても簡素に見えるプランですが、儀式を行わなくても構わない、また故郷でお葬式を行う予定になっている方の場合にはこのプランは最も適しているといえます。

家族葬は通夜からお葬式まで行うために、2日間の期間を要するのに対し、火葬式では火葬のみを行うために数時間だけで終了してしまいます。中には1時間で終了するというプランも見られます。仕事を持っているために2日間の期間はなかなか作れない方は火葬式の選択が良いでしょう。それぞれのプランに関して、要する時間は大きく異なっています。そのため、期間と費用などを総合的に考え、最終的にどのプランにするのかを検討していくといいでしょう。